fbpx

採用を通して、一人ひとりの人生と向き合う醍醐味を知りました

コンサルティング&IT事業本部 ビジネス推進部
ビジネスプロデューサー
疋田 良輝 Kazuki Hikida
2019年度新卒入社。
関西学院大学 理工学部物理学科を首席で卒業後、産業技術大学院大学 創造技術専攻を修了。中途・新卒採用責任者。
特に1. 媒体などマス向き施策による自社ブランディング、2. 経営戦略を起点とした新職種の採用企画 など幅広く手掛ける。
Q. 入社した動機は何ですか?

2つあります。1つ目は自分自身が最も成長できる環境だと思ったから。2つ目は一緒に働ける人が魅力的だったからです。

1. 成長できる環境について。
私が就職活動する中で最も感じたのが、この世界が5年後どうなるかなんて、誰も予測できないということです。であれば新卒1年目からどんな環境変化にも柔軟に対応できる力をつけたいと考えました。

大学の同期はすでに社会人だったため、様々な意見をもらいながら大手からベンチャーまで、幅広く就職活動を行いました。その中で1年目から裁量権もって経営業務を行えるビジョン・コンサルティングを知り、興味がわきました。

2. 人について。
面接で出会った社員さん達が、就職活動中一番活き活きと働いていると感じました。これが一番の決め手です。加えて、仕事での距離の近さも魅力的でした。入社したら目の前に憧れの先輩社員がいる。また社内のチャットツールを用いれば、いつでも先輩に相談できます。

まとめると、自分にとって一番好都合な(難易度の高い業務に挑戦できる、なりたいと思う理想の先輩がいる)環境がここにある。このような具体的なイメージが湧いたため、ビジョン・コンサルティングに入社することを決めました。

Q. 現在どんな仕事をしていますか?

採用業務全般、特に新規事業推進部の採用活動を担っています。

なぜならば
・ビジョン・コンサルティングは「コンサルティング×新規事業」事業の柱としている
・コンサルティング事業は着実に実績を上げており、継続的に採用活動が行えている
・一方新規事業に関する採用は、これまで注力できていなかった
からです。

具体的な業務内容としては、
社長直下で新規事業推進部のメンバとやり取りを行い、採用したい人材の定義、面接フローの定義、母集団形成、書類選考から面接など、すべての業務を行っています。

また採用チームの統括として、ビジョン・コンサルティングの新卒採用、中途採用の全体状況も常に把握しています。新規事業推進部の採用過程で得られた情報をメンバにシェアするようにしています。そうすることで既存の採用活動にも新たな気づきを与え、チーム全体として採用数を上げていけるように試行錯誤しています。

Q. ビジョン・コンサルティングの強みは何ですか?

教育が徹底している点です。

前提として、私は新卒でビジョン・コンサルティングに入社したので、ほかの会社の教育体制を経験できていません。

しかし実際に30-40代の中途コンサルタントがビジョン・コンサルティングに入社した際、よく言われるのが
「ここまで徹底した教育を行ってくれる会社は初めてだ」ということです。

具体的には、
ビジョン・コンサルティングはマンツーマンで上司・メンターがつき、個人のキャリアプランを一緒に考えます。そしてキャリアプランを考える過程で、個人の「強み/弱み」もすべて洗い出していきます。

しかも「全員がフラットに、思ったことを伝える」文化があります。ですので、他人を比較したときに、自分の「強み/弱み」がどんどん可視化されていくんです。

正直、自分の弱みと向き合うのはつらいです。しかし弱みを周りの社員が気づかせてくれるからこそ、改善し、成長できるのだと思っています。もちろん、強みを伸ばしていくことも同様です。

実は面接でもこのスタンスを貫いています。ですので、あなたが何をしたいのか、どんなキャリアを歩みたいのかを真剣に聞き、キャリアの実現をサポートできるように努めています。

Q. これからエントリーする方へ向けて

ビジョン・コンサルティングの選考要件は、正直言って低くないです(笑)
実際、人材紹介会社さんからも、「要件高いですね」と言われます。

しかしそれくらい本気で、ビジョン・コンサルティングは優れたあなたが入社してくださることを望んでいます。狭き門をくぐり抜けた先に、必ずあなたの成長を促進させる環境が待っています。

世の中のニーズに答えるには、まだまだ優秀な人材が足りません。引き続き今後も採用活動を続けていくでしょう。しかし、ミクロな視点、つまり一人ひとりの社員をないがしろにしてはいけないと思っています。

これからの時代、独立し起業・フリーランスとして活躍するといった働き方が当たり前になると思います。ビジョン・コンサルティングでも、卒業し新たな冒険へ旅立つ人もいます。

しかし、だからこそビジョン・コンサルティングが大航海へ旅立つ船場として、機能してくれたらうれしいです。もちろん、ビジョン・コンサルティングという地で一緒に天高く塔をつくり上げることも大歓迎です。

あなたのキャリアを加速させるエンジンとして、ビジョン・コンサルティングをフル活用してもらえればと思っています。