fbpx

自身の成長も家族との時間もあきらめない

コンサルティング&IT事業本部 コンサルティング部
エンゲージメントマネージャー
岡本 恵理子 Eriko Okamoto
2018年9月中途入社
大手人材事業会社の情報システム部門で13年勤務を経て、ビジョン・コンサルティングへ入社。
現在は大手放送局におけるセキュリティ推進業務に従事。
Q. 入社した動機はなんですか?

転職の理由の1つが「自己成長の実現」であり、コンサルタントとしての経験を積むことで、この先10年も企業・組織のお役に立てる「経験」や「スキル」を身に付けたいと考えていました。

ただ、コンサルタントという新たな領域へのチャレンジと子育ての両立が実現できるのか、正直不安に感じていました。そんな中、採用担当より残業時間抑制の取り組み、多様な働き方への理解、プロジェクトアサイン時の配慮などの話を伺い、入社を決意しました。

Q. 現在どんな仕事をしていますか?

大手放送局でサイバーセキュリティ対策に向けた、セキュリティ推進プロジェクトに従事しております。

メディア業界では、デジタルサービスが急速に拡張しており、ビジネススピードとセキュリティ対策・強化を両立させる対応が求められています。

現在はセキュリティコンサルタントとして、重要なシステムとその業務のリスク分析を実施し、対策に向けた提言を行っています。その他、脆弱性管理プロジェクトの運用立ち上げ支援・推進なども実施しています。

Q. ビジョン・コンサルティングの強みは何ですか?

会社を自分ごととして捉えており、一人ひとりが自ら考えて行動する文化が根強いです。新たな施策を考えたら、すぐに実行に移すところが強みです。

大きな企業・組織であればある程、より難しいかもしれませんが、忖度せず、社員一人ひとりの意見を素直に受け入れる、柔軟さ・風通しの良さがあり、良いものはすぐに取り入れて変化していく、フットワークの軽さも魅力的だと思います。

Q. これからエントリーする方へ向けて

子育て中でも、規模の大きな仕事・重要な役割・責任ある仕事にチャレンジしたいという女性は多いと思います。子育て中だからといって自身の成長を諦めてしまうことのないよう、まず弊社にお越しいただき、採用担当やコンサルタントに悩みを相談していただければと思います。

ワーキングコンサルタントマザー仲間が増えることを楽しみにしています。