fbpx

自分の可能性を信じ、世の中に最大限の価値を発揮しましょう!

役員代理
佐々木 太郎 Taro Sasaki
・アマゾンジャパン合同会社にてSCMに関する業務改革プロジェクト案件に従事。
・その他、PMとしてグローバルIT案件へ参画や、新規事業立ち上げ支援などを経験。
・2021年1月に入社。2021年6月に執行役員代理に就任。
Q. 入社した動機は何ですか?

アマゾンジャパン合同会社での経験とスキルを最大限に活かし、世の中により役立てたいと考えていました。又、仕事をする場として、心の底から共感できる理念とビジョンを持つ強い組織、優秀な仲間を求めていました。

その中で、ビジョン・コンサルティングが掲げている理念は、当時の面接官が熱く語った事もあり、熱意と共感が相まって入社を決めました。

実際に入社してみて、当時の判断は間違っていなかったと確信しています。

Q. 現在どんな仕事をしていますか?

自動車メーカーのDXに関するプロジェクトに参画し、施策立案やプロジェクト管理に携わっています。

この業界は、100年に一度の大変革期を迎えていると言われ、世界的な大手メーカー各社だけでなく、ITなど他業界からの新規参画者が参入し、生き残りをかけてしのぎを削り戦っている領域です。

このような環境で、新たなビジネスモデルを作り上げる案件へ関われている事に、非常にやりがいを感じております。

又、執行役員代理としても、採用や社員育成、お客様とのパートナーシップ構築など、会社が成長する様々な施策の立案、推進を担っております。

Q. ビジョン・コンサルティングの魅力は何ですか?

大きく下記の3点だと考えています。

1.圧倒的な成長速度
弊社は設立7年目ですが、成長速度は年々加速しているイメージです。

急成長を続けているため、常に多くの機会、ポジションを社員に提供できる状況です。社歴や年齢に関わらず、やる気と能力のある社員には大きな裁量を与え、チャレンジする事を推奨しています。

この環境がさらに社員と自社の成長をさらに加速させています。

2.クリアな評価制度
誰が見ても評価の判断が一致する、明確な絶対評価を実現しております。

コンサルタントであれば、「顧客評価」「社内評価」の2つの評価軸があります。

「顧客評価」はコンサルタントが参画した現場のお客様からフィードバックいただく評価が、そのまま人事評価につながります。「社内評価」は何を達成すれば、どの評価になるのか、明確な基準が公開されています。

つまり、どんな現場に参画したか、誰が自分の上司だったかなどに左右されず、「お客様」と「自分自身の行動」に向き合うことが可能です。

また2つの評価軸に添った成果を出す事で、私自身入社半年以内にも関わらず、執行役員代理に就任する事ができました。

3.ワークライフバランス
弊社では、一般的なコンサルタントのイメージである「長時間労働」を徹底的に排除しています。

コンサルタントの平均残業時間は、20時間を下回っています。
仕事だけでなく、睡眠などの休養、家族や友人と過ごす時間、趣味など人生を豊かにする活動を大切にしています。

これは結果として、コンサルタントのパフォーマンスや人間性の向上につながる、と考えているためです。

Q. これからエントリーする方へ向けて

自分自身の可能性を信じ、能力を最大限に成長させたい方、世の中をより良くしたいという熱い想いを持つ方に是非、来ていただきたいです。

顧客志向を持ち、成長意欲の高い方であれば、コンサルティング未経験でもご活躍いただけます。

挑戦を推奨し、社内の支援体制もしっかりと組んでおりますのでご安心下さい。

弊社はクライアントビジネスを成長させ、世の中に貢献し、ご自身も最大限の成長できる環境があります。役員は元より、コンサルタントとして「お客様に喜んでいただける」「世の中の役に立つ」「社員が成長できる」成果をより多く実現していきたいと考えています。

一緒にチャレンジしましょう!