fbpx

自分のキャリアは自分で決める

コンサルティング&IT事業本部 コンサルティング部
ビジネスアナリスト
古賀 友也 Tomoya Koga
明治大学政治経済学部卒業
大手企業の内定を辞退し、2019年度にVCに入社。
入社後、社内業務として採用戦略の企画立案~実務、新規事業開発等、幅広い業務を経験。
現在は、コンサルタントとして大手企業を中心とした課題解決に従事。
Q. 入社した動機は何ですか?

選考を受けた企業の中で一番「自己成長できる環境」だと感じた為です。

主な理由は3点あります。

(1)キャリアの多様性
様々な選択肢の中から、自由度の高いキャリア設計が実現できる点に惹かれました。
他の企業では、職種、業界、業務内容が固定されたキャリア形成になることや、
ジョブローテーションによる配属リスクが大きいことが挙げられます。
VCでは、プール制を導入しており、業界・領域横断的に幅広く経験できるハード面と、
挑戦したいことに手を挙げれば、任せていく風土というソフト面の両方が整っています。

(2)裁量の大きさ
入社1年目から、コンサルティングファームのマネージャーや
事業会社の部長役員レベルの業務に携わり、
自ら意思決定を行う経験を培える点が魅力的でした。

(経験事例)
・代表取締役等、各利害関係者との折衝
・採用数向上の為の企画立案、実務、効果測定
・ハイクラス人材の面接実施、内定可否の判断等

(3)成長志向の風土
面接を通じて、成長志向の社員が多い印象を受けました。
仲間と切磋琢磨できますし、落ち込んだ時は周りの社員を見て自分も頑張ろうと鼓舞されるので、
社員と共に成長していける環境だと感じました 。

Q. 現在どんな仕事をしていますか?

コンサルタントとして、顧客の課題解決に従事しています。
現PJでは損害保険業界のリーディングカンパニーをご支援しております。
全業務プロセスの抜本的見直しを目的として、基幹システムの全刷新が求められる為、
PJ全体の予算規模は1500億超と大規模なものとなっています。
業務としては、利害関係者との折衝、資料作成、提案等を中心に行っています。

Q. ビジョン・コンサルティングの強みは何ですか?

社員目線でいえば、未経験者でもコンサルタントとして活躍しやすいことです。
なぜなら、サポート体制がしっかりしているからです。

集団研修やマンツーマン研修を実施しているので、定期的に参加することをお勧めします。
また、社員には専属メンターが付くので、相談することで適切なアドバイスがもらえます。

Q. これからエントリーする方へ向けて

コンサルティング業界やVCに興味があるけれど、自信がなく一歩踏み出せない方は
是非VCの選考に応募していただきたいなと思います。

面接官がVCのサポート体制について丁寧に説明してくれるので、
VCで活躍するイメージを掴めると思います。

最後に、VCに興味を持ち応募された皆様といつか一緒に働ける日を心待ちにしております!