人としてコンサルとして、優秀かつ魅力的な人間に独り立ちできる

コンサルティング&IT事業本部 コンサルティング部
エンゲージメントマネージャー
紺野 鉄生 Tetsuo Konno
法政大学現代福祉学部現代福祉学科卒業。
ベンチャー企業、東証一部上場企業を経て2018年12月に入社。
官公庁、製造業、エネルギー事業、クラウド等、豊富なプロジェクト経験を有する。
Q. 入社した動機は何ですか?

コンサルタントとしてのプロ意識とベンチャースピリッツが融合した面白さを感じて。

これまでSEとしてシステム導入に約12年間携わって参りましたが、より上流工程であるコンサルタントという立場で、「クライアントの未来を描きたい」とコンサルファームを探していました。
その中で、「コンサルタントとは」と問われて即座に明確に回答できる人は、思っていたより少ない、というのが正直な印象でした。

その中で、ビジョン・コンサルティングの面接担当者は、即座に明確に答えて下さいました。
更に、コンサルタントとしてのあるべき姿にはじまり、ビジネスパーソンとしての考え方等、厚く語り合うことができました。

その中には、凝り固まった考えがある訳ではなく、常に新しい情報を吸収し、変化を繰り返す社会に柔軟に適応することで、クライアントを最高の未来へ導きたいという、ベンチャースピリッツも感じられ、入社を決意しました。

今では私もビジョン・コンサルティングの名に恥じないコンサルタントになれたと自負しております。

Q. 現在どんな仕事をしていますか?

コンサルタントと社内向け活動の2つの軸で仕事をしております。

コンサルタントとしては、エネルギー事業会社での改革プロジェクトに従事しております。
世界情勢の変化や新規企業の参入など、エネルギー業界が激変する中、法改正などもあり、クライアントの業務も大きな変化が求められています。
その中でクライアントの目指す未来をドキュメントに落とし込み、説明したときのクライアントの驚きと喜びの反応は、私の何よりのやりがいになります。
現在も、法令条例や世界情勢、業界動向などに常にアンテナを張り、まだ見ぬ未来へ、クライアントと一緒に進んでいますが、私の武器の一つでもあるプロジェクト管理能力も少なからずお役に立てていると感じます。

また、社内向けの活動としては、コンサルタント研修の講師やカウンセラーを担当しております。
ビジョン・コンサルティングの社員が、それぞれの現場で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、また悩みや不安がある社員がいれば改善できるよう、様々な取り組みを行っております。

Q. ビジョン・コンサルティングの強みは何ですか?

まず何よりも、幅広い分野のスペシャリストが在籍していることがあげられます。
その上で、クライアントのニーズに合わせ、適材適所はもちろんのこと、スピーディにコンサルタントを紹介できることは、他社に負けない強みだと思います。
また、コンサルタントだからと言って、お高くとまることのない、人間味あふれる人材が多いことも、ビジョン・コンサルティングの特徴です。

参画する業界や企業によっては、壁にぶつかったりするコンサルタントもいます。
しかし、同じ業界や同じ悩みを経験したことのある社員がフォローしてくれる体制があることも、コンサルタントが安心して全力を発揮することができることにつながっていると思います。

Q. これからエントリーする方へ向けて

入社した動機にも記載しましたが、魅力的な面接担当者がおりますので、ぜひ会いに来ていただきたいと思います。
多数在籍する優秀かつ個性的なコンサルタントから、希望に合ったコンサルタントとお会いいただくことも可能です。
コンサルタント未経験であっても臆することは全くありません。
クライアントの未来を一緒に切り開くことに興味を感じている方、熱い思いを持っている方には、絶対おすすめの職場です。