マスコミ・メディア IT 広告会社

RPAを用いた働き方改革

業務量、作業量削減を目的として、既存業務のヒアリング、RPA対象を整理、業務量やRPA化の難易度などからRPA化対象を選定、RPA導入前後の業務フロー作成、RPA構築から導入まで実施。ヒアリング時に発覚した業務課題をRPAに限らず、BPRや他のIT技術も使用することで働き方改革の範囲を拡大。大幅な業務量の削減に寄与した。